「夏バテには肉を食え!!」

梅雨なんだか夏なんだか分からない気候で、身体がすっかりダルい感じ…

「早くも夏バテ気味かもしれません…」

 

そう先輩に相談したら

 

「問題。肉、カレー、寿司どれが一番体にいいでしょうか?」

僕は、突然出題された問題に「?」が浮かんだものの

面倒くさそうな流れを察し、とりえず適当に答えこの場を離れようと心に決めた。

「お寿司じゃないですかねー、用事をおも…」

すかさず、先輩の一言が

「よし、行こう」

面倒くさそうなので行くわけには行かない

「やっぱ、カレーかなー…」

「よし、正解!行くぞ!」

心の中で「くそー、間違えて正解出してしまった!」と叫び、観念した僕は先輩についていく事に…

カレー好き先輩のカレーうんちくに延々と相づちを打ちながらのドライブ20分間程度

夏バテに拍車がかかる僕…

 

「さぁ着いたよ」

目の前に現れたのは「ステーキハウス…」と書かれた看板

 

 

「何にする?ここステーキメニュー注文しないとカレー食べられないんだよ」

いや、ここステーキ屋さんだよね…

と思いながらも、バター醤油・ステーキ(130g)を選び席に着きステーキの到着を楽しみにしていた。

なんだかんだ言っても、お肉を食べると元気が出そうだし。

最近元気のなかった僕への気遣いも嬉しく感じた。

 

目の前にカレーが置かれた(先輩により)

「ステーキ屋さんならでは、牛すじが入っているカレーなんだよ。肉屋が扱うニクニクしいカレーで僕はこれが好きでねぇ〜。牛すじの甘味とカレーのスパイスが…しかも、おかわり食べ放題なんだよ…(なんだかんだ)」

 

 

と、何か言いながら先輩はステーキを待つ間、カレーをおかわりしていた。

 

 

 

「お待たせしました」

ここで待ちに待った(僕)、ステーキの登場。

食べやすい大きさにカットされたステーキには、バター醤油のソース。

運ばれてきた瞬間に広がる香りが食欲をそそる。

ご飯に少しソースを落としながら食べるステーキは最高の食べ合わせで、肉、飯、肉、飯…

 

 

抑えられない衝動は、

次の瞬間お皿の中でステーキ丼を完成させていた。

 

隣の席には、2杯目のカレーとステーキを食べている先輩。

「牛すじとカレー…の…あい…(モグモグ)」

なんか言ってました。

 

僕と先輩、想い想いの楽しみ方をした後

 

そういえば。

 

「僕が寿司って言ってたらどうしてたんですか?」

「あぁ、寿司?あるよ」

 

 

ご飯の上にカットされたステーキを乗せて、お寿司を再現していました。

どうしても行きたかったので、一緒にいく人を探していたそうです。

素直に言ってくれればいくのにね。

愛嬌のある先輩でしょ…

 

 

夏バテ知らずの先輩に連れて行ってもらった店は、

先輩からしたら、ステーキ屋が提供するカレーのうまい店。

僕からすると、一皿で2度3度と肉の楽しみを提供してくれる、ステーキハウスだった。

 

【先輩オススメのお店はここ】
ステーキハウスビップ

 

Follow me!